htmlSQL サンプル(5) – 文字列の解析 –

文字列への接続
web上のページ(URL)やローカルのファイル以外に、文字列にもアクセスできます。

$wsql->connect(‘string’, $html_string)
$wsql->query(‘SELECT * FROM a’)

”);
}
?>

0. $html_string にhtmlタグの文字列を格納します。
$html_string = ‘yapuu‘;
$html_string .= ‘kakakukomo‘;
$html_string .= ‘同じフォルダ‘;

1. $wsql = new htmlsql();
で、htmlsqlクラスのオブジェクトを作成し、$wsqlに代入。

2. $wsql->connect(‘string’, $html_string)){
で、第二引数を文字列としてアクセスします。

3. $wsql->query(‘SELECT * FROM a’)
で、2.で得たHTMLタグの文字列に対しqueryの第一引数で指定したSQL文を実行します。

4. for($wsql->fetch_array() as $row)
で、3.で得たSQLクエリの結果を取り出していきます。

[出力結果]

/

タイトルとURLをコピーしました