wordpress の URL の変更

URLを変更するときは、ダッシュボードの「一般」の「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を変えますが、アクセスできなくなってしまった場合は、データベースのテーブルを直接変更します。

対象は、 wp_options テーブルの option_name が、「siteurl」と「home」 となっているものです。

mysql> select * from wp_options where option_name='home';
+-----------+-------------+-------------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value                        | autoload |
+-----------+-------------+-------------------------------------+----------+
|        36 | home        | http://xxxxxxxxx/                  | yes      |
+-----------+-------------+-------------------------------------+----------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> update wp_options set option_value="https://xxxxxxx/blog/" where option_name="siteurl";
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
Rows matched: 1  Changed: 1  Warnings: 0

mysql> select * from wp_options where option_name='siteurl';
+-----------+-------------+--------------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value                         | autoload |
+-----------+-------------+--------------------------------------+----------+
|         1 | siteurl     | https://xxxxx/blog/                  | yes      |
+-----------+-------------+--------------------------------------+----------+
1 row in set (0.01 sec)

mysql> update wp_options set option_value="https://xxxxxxxxxxxx/blog/" where option_name="home";
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
Rows matched: 1  Changed: 1  Warnings: 0

Got an error: Can’t locate Digest/SHA1.pm in @INC (you may need to install the Digest::SHA1 module)

Movable Typeをインストールしている中で以下のエラーがでた。

cloud@:~/$ perl mt-atom.cgi 

Got an error: Can't locate Digest/SHA1.pm in @INC (you may need to install the Digest::SHA1 module)

ここら辺のモジュールのインストールは以下のようにするっぽい。

cloud@:~/$ sudo perl -MCPAN -e shell

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v2.18)
Enter 'h' for help.

cpan[1]> install Digest::SHA1

rails で カラムと追加・削除・変更(名前、データ型)する

カラムの追加

$ rails g migration add_title_to_stallions title:string
class AddTitleToStallions < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    add_column :stallions, :title, :string
  end
end  

カラムの削除

$ rails g migration remove_title_to_stallions title
class RemoveTitleToStallions < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    remove_column :stallions, :title, :string
  end
end

カラムのかた変更

$ rails g migration change_title_to_stallions

change メソッドの中はからなので以下のように、stallionモデルの、titleカラムにたいして
integerを指定する。

class ChangeTitleToStallions < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    change_column :stallions, :title, :integer
  end
end

カラムの名前変更

$ rails g migration rename_title_to_stallions

作成されたファイルは空なので、ファイルに対して rename_column で、
対象のモデル(stallions)の対象のカラム(title)に対して、変更したい舐め(taitoru)を指定する。

class RenameTitleToStallions < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    rename_column :stallions, :title, :taitoru
  end
end

https化(ssl化)したらレイアウトがおかしくなった。

サイトをhttps化(ssl化)したら、サイトのデザインが変わってしまった。(なくなってしまった。)

どうやら、外部サイトのcss/javascriptを読み込む時に、”http” ではなく “https” を指定しなくてはならないようです。
httpsにしたらデザインが元に戻りました。

PHP Warning: Unexpected character in input: ‘ (ASCII=27) state=0

phpを実行したら以下のようなエラーがでた。

PHP Warning:  Unexpected character in input:  ' (ASCII=27) state=0 in /home/hogehoge/get_stop.php on line 21

エラーが出た箇所は以下のようなコード

  $array = preg_split("/、/", $text);

どうやら、vimの文字コードが違うらしい。確認したら以下のような結果だった。

vimの文字コード確認
:set enc?
=> utf-8

ファイルの文字コード確認
:set fenc?
=> iso-2022-jp

ということで、以下でファイルの文字コードを変更
:set fenc=utf8

これで解決しました。

mysql で 「Using a password on the command line interface can be insecure.」がでた

シェルでパスワードを指定して実行するとでるっぽいです。

$ sh kakunin.sh > /tmp/cc
mysql: [Warning] Using a password on the command line interface can be insecure.

mysqlこまんどに直接していするんじゃなく、設定ファイルにユーザ・パスワードを書いて、それを実行時に指定することによりワーニングがでなくなります。

.hoge.cnfというコンフファイルを作成

[client]
user = root
password = pass

シェルないでは –defaults-extra-file で上記ファイルを指定して実行

hoge.sh

#!/bin/sh
mysql --defaults-extra-file=./.hoge.cnf mydatabase -e 'select * from mylist';

/

mac のターミナルをスクロールして過去の履歴を見たい。

ホームディレクトリに、.screenrc というファイルをつくって、”termcapinfo xterm* ti@:te@”を
書き込んでターミナルを立ち上げ直せばOK

~$ echo "termcapinfo xterm* ti@:te@" >> .screenrc


参考:【Mac】ターミナル screen を使用時、スクロールで履歴がみれない。

/