cvs [checkout aborted]: /home/hogehoge/cvsroot/CVSROOT: Permission denied

cvsでチェックアウトを行うと以下のエラーとなった!

$ cvs checkout
cvs [checkout aborted]: /home/hogehoge/cvsroot/CVSROOT: Permission denied

パーミッションの問題ですよね?

ってことで、確認したら /home/hogehoge のパーミッションがおかしかったので、
これを適切に直したらでなくなりました!

$ chmod 755 /home/hogehoge

message size 14372472 exceeds size limit 10240000

postfixで以下のエラーがでた。

「Diagnostic-Code: X-Postfix; message size 14372472 exceeds size limit 10240000」

内容を見る限り、どうやら制限オーバー的なエラーのよう。

これについては、制限の最大値を大きくしてやればよい。
それには、/etc/postfix/main.cf に以下を追加する。

message_size_limit = 102400000

“102400000″となっている値の部分は適宜調整してください。

これで解決できることもあると思われます。

画面がすぐに暗くなってゆっくりそうさできない!

画面の点灯時間が短くゆっくり操作しているとすぐに画面がくらくなる
という声をちらほら聞きました。

画面の点灯時間は以下で設定します。

– 「メニュー」や「本体設定」から、「画面設定」を選択します。
– さらにメニューが出てきますので、「バックライト点灯時間」を選択します。
– そうすると、30秒や10分などの時間の選択画面がでてきますので、設定したい
時間を選んでください。

Warning: Illegal offset type in xxxxxxxx on line xx.

“Warning: Illegal offset type in …” ていうメッセージが発生。。。

調べてみると理由は、連想配列のキーにオブジェクトや配列を指定しちゃうとでるみたい。
つまり以下のようなとき。

$key = array(1, 2, 3);
$datas[$key] = "de-ta";

気をつけましょう!

phpのページが真っ白になってしまう。

以下のようなことが無いか確認してください。

・同じ関数が二つある
・smartyの構文ミスがある
・phpに関数だけ作ってメインの処理がない

ちなみに、エラーになっているがエラーが出力されない設定になっているせいで
真っ白になっているかもしれません。

エラーを表示する設定をしてみてください。

【PHP:エラー】Allowed memory size of XXXXX bytes exhausted がでた

「Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted (tried to allocate 8965128 bytes)」

使用できるメモリを使い切ってしまったよ!っていうエラーですね。
使用できるメモリの量を増やしてやればOKです。

.htaccessで対処する場合

以下の行を追記します。

php_value memory_limit 30M

php.iniで対処する場合

php.iniでも設定する場合は、以下の”memory_limit”の設定の値を増やしてやればいいのです。

memory_limit = 16M

こうすれば使用できるメモリが30Mまで増えます。

memory_limit = 30M