htmlSQL サンプル(2) – href as url

$wsql->query(‘SELECT href as url, text FROM a’))
“href”に設定された値を”url”という名前として取り出す

connect('file', 'sample.html')){
        print 'Error while connecting: ' . $wsql->error;
        exit;
    }

    if (!$wsql->query('SELECT href as url, text FROM a')){
        print "Query error: " . $wsql->error;
        exit;
    }

    foreach($wsql->fetch_array() as $row){
        print "Link-URL: " . $row['url'] . "
n"; print "Link-Text: " . trim($row['text']) . "

nn"; } ?>

1. $wsql = new htmlsql();
で、htmlsqlクラスのオブジェクトを作成し、$wsqlに代入。

2. $wsql->connect(‘file’, ‘sample.html’)
で、第二引数をローカルファイルへのパスとしてアクセスします。

3. $wsql->query(‘SELECT href as url, text FROM a’)
で、2.で得たファイルに対しquery()の第一引数で指定したSQL文を実行します。
この場合は、”href”に設定された値を”url”という名前として取り出す
これにより、$row['url']にhrefの内容が入る。

4. for($wsql->fetch_array() as $row)
で、3.で得たSQLクエリの結果を取り出していきます。

$wsql->$fetch_array()で得られたデータには、SQL文で指定した情報のほか、
以下の情報が含まれる。

$row['text'] :該当タグで挟まれた文字列が入っている。
$row['tagname'] :該当のタグ名が入る。
$row[属性] :タグに属性があればその属性の値が入ります。

htmlSQL サンプル(1) – 基本的な使い方 -

$wsql->query(‘SELECT * FROM a WHERE $class == “nav_item”‘);

connect('url', 'http://example.com/sample.html')){
        print 'Error while connecting: ' . $wsql->error;
        exit;
    }

    if (!$wsql->query('SELECT * FROM div WHERE $class == "hsql"')){
        print "Query error: " . $wsql->error;
        exit;
    }

    foreach($wsql->fetch_array() as $row){
        print_r($row);
    }

?>

1. $wsql = new htmlsql();
で、htmlsqlクラスのオブジェクトを作成し、$wsqlに代入。

2. $wsql->connect(‘url’, ‘http://example.com/sample.html’);
で、第二引数をURLとしてアクセスします。

3. $wsql->query(‘SELECT * FROM div WHERE $class == “hsql”‘);
で、2.で得たURLのページに対しqueryの第一引数で指定したSQL文を実行します。

4. for($wsql->fetch_array() as $row)
で、3.で得たSQLクエリの結果を取り出していきます。

以上です。
簡単ですね。