jQueryを使うには

jQueryを使うにはjavascriptとして、jqueryのソースファイルを読み込む必要があります。

ソースファイルは以下からダウンロードできます。
現時点での最新版は、1.10.2 と 2.0.3 となっております。

http://jquery.com/download/

たとえば、”jquery-1.10.2.min.js”をダウンロードし、jsフォルダに入れた場合は、
jQueryを使用するページのヘッダー内に以下のように記載します。


また、ダウンロードしてローカルファイルを指定しなくても、インターネット上にある
jqueryファイルを直接指定することもできます。
以下のようにします。


これで、jQueryを使用できるようになります。

ウィンドウを閉じたり更新したり他のページへ移行するときに処理をする

HTMLの入力フォームに文章を入力している途中でそのウィンドウを閉じてしまったり、
リンクをクリックして別のページへ移動してしまったりして今まで入力したデータが
パーになってしまうことがあります。
続きを読む

セレクタを同時に複数指定するには?

たまに一回の指定で複数のセレクタを指定したいときがあります。

そんな時どうするか?
“,(カンマ)”で区切ることにより、複数指定することで可能です。

$(function(){
    $('input#replySubmit,input#editParent,input.editChild').click(function(){
        flag=1;
    });
});

jQueryの基本(ユニバーサルセレクタ、グループセレクタ、子セレクタ、隣接セレクター first-child擬似クラス、否定擬似クラス、empty擬似クラス)

1. ユニバーサルセレクター
いわゆるワイルドカード。
以下の場合は、divタグの子孫すべてが選択される。

$(“div *”).hide();

続きを読む

jQueryの基本(ID/クラスセレクター)

pタグは複数使われる場合が多いためタグ名だけでは、指定したいタグが絞り込めません。
そこで、よくつかわれるのが、タグのid属性や、class属性で絞り込む方法です。

たとえば、複数あるpタグの中から、class属性が”hoge”のタグだけ選択したい場合は
以下のようにします。

$('p.hoge')

続きを読む