HTML超入門 – HTMLとは

HTMLとはなにか?

HTMLとはウェブページを作るためのものです。

具体的にはHTMLタグを使って、ウェブページに記載した文書や単語に意味付けをおこないます。

例えば、以下のような感じです。

<h2>タイトル</h2>
<p>本文ですですですです。<p>
<p>本文のつづきですです。</p>

上記の「<h2>」や「<p>」が、HTMLタグになります。

タグには、「開始タグ」と「終了タグ」があり、開始タグと終了タグで対象のテキストを囲むのが基本になります。

<h2>は、「見出し」を意味するHTMLタグです。

<p>はpalagraphなので、「段落」を表します。

それぞれ、</h2>, </p>という終了タグで閉じてます。

こんな感じでそれぞれ意味を持ったHTMLタグがいくつか種類があります。

これらのタグを使って、タイトルや段落、リストやテーブルを意味付けすることで、HTMLで書かれたウェブページは作られてます。

以下は、あるページのファイルの中身です。
ウェブページはこのようにHTMLタグで記述されてます。

<html>
<head>
<title>今日の出来事</title>
</head>
<body>
<h1>今日の出来事</h1>
<p>
今日は運が良いのか悪いのか、珍しいことが3つも起こりましたので紹介します。</p>

<h2>100円拾った</h2>
<p>
自販機でオランジーナを買って取り出そうとしたら100玉が落ちてたので拾った。ゲーセンのコインだった。
</p>

<h2>芸能人を発見した</h2>
<p>
銀座に昼飯を食いに行ったら堀北真希がいた。ホラン千秋だった。損した気分がした。
</p>

<h2>ガムを踏んだ</h2>
<p>
うん◯じゃなくてラッキーと思うことにした。超ポジティブ。
</p>

</body>
</html>