セレクター4 nth-child擬似クラス、last-child擬似クラス、only-child擬似クラス

1. first-child擬似クラス
指定したタグの中で同じ階層にある最初の要素を選択する。
以下の場合は、pタグの中でそれぞれの階層で最初に来るpタグのみ選択。

$(“p:first-child”).hide();

2. 否定擬似クラス
指定した条件に当てはまらない要素を選択する。
セレクターの後に”:not()” を付けて除外する条件を()内に記載する。
以下の場合は、first-childではないpタグが選択されます。

$(“p:not(:first-child)”).css(“color”,”aqua”);

3. empty擬似クラス
子要素もテキストも含まない空っぽの要素を選択する。
セレクターの後ろに”:empty”を付けます。
以下の場合は空のpタグを選択します。

$(“p:empty”).text(“empty”)

4. nth-child擬似クラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>