jQueryの基本(ユニバーサルセレクタ、グループセレクタ、子セレクタ、隣接セレクター first-child擬似クラス、否定擬似クラス、empty擬似クラス)

1. ユニバーサルセレクター
いわゆるワイルドカード。
以下の場合は、divタグの子孫すべてが選択される。

$(“div *”).hide();

2. グループセレクター
複数の選択をまとめられる。
以下の場合は、divタグすべてとclass属性に”hoge”を持つものすべて。

$(“div , .hoge”).hide();

3. 子セレクター
子孫セレクターと似ているが、こちらは一階層下まで。
子孫セレクタは何階層下でもOK

$(“div > p”).hide();

4. 隣接セレクター
直近のタグを指定するためのもの。
以下の場合は、fooというidを持つ要素の後に最初に来るdivタグ。

$(“#foo + div”).css(“color”,”aqua”);

5. 間接セレクター
指定した要素の次の要素以降に出現する要素すべてを選択する。
以下の場合は、fooというidを持つ要素の後に出てくるdivタグすべてを選択。

$(“#foo ~ div”).css(“color”,”aqua”);






function clickHide(){
        $('.test1 > p.hoge + p, .test2 > p.hoge ~ p').hide();
        $('.test2 *').css("color", "aqua");
}
function clickShow(){
        $('div p').show();
}



JRA

Japan Racing Association1

Japan Racing Association2

Japan Racing Association3

DVD

Digital Versatile Disc1

Digital Versatile Disc2

Digital Versatile Disc3

Digital Versatile Disc4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>