htmlSQL サンプル(10) – 特定の範囲を対象とする -

特定の範囲を対象とする
$wsql->isolate_content(‘<h1>New snippets</h1>’, ‘<p id=”rss”>’);
“<h1>New snippets</h1>”と”<p id=”rss”>”の間を対象とする。

connect('url', 'http://example.com/sample.html')){
        print 'Error while connecting: ' . $wsql->error;
        exit;
    }

    $wsql->isolate_content('

TEST

', '

TEST2

'); if (!$wsql->query('SELECT * FROM *')){ print "Query error: " . $wsql->error; exit; } foreach($wsql->fetch_array() as $row){ printf("
");
        print_r($row);
        printf("

");
}
?>

1. $wsql = new htmlsql();
で、htmlsqlクラスのオブジェクトを作成し、$wsqlに代入。

2. $wsql->connect(‘url’, ‘http://example.com/sample.html’)){
で、第二引数をURLとしてアクセスします。

3. $wsql->isolate_content(‘<h1>TEST</h1>’, ‘<h2>TEST2</h2>’);
で、対象範囲を’<h1>TEST</h1>と<h2>TEST2</h2>’の間に絞る。

4. $wsql->query(‘SELECT * FROM *’);
で、2.で得たURLに対しquery()の第一引数で指定したSQL文を実行します。
ここでは、全てのタグから全ての情報を取り出しています。

5. foreach($wsql->fetch_array() as $row){
で、4.で得たSQLクエリの結果を取り出していきます。

[出力結果]

Array
(
    [id] => apple
    [test] => daaaaaa
    [tagname] => div
    [text] => 
)

Array
(
    [tagname] => p
    [text] => リンゴの秘密
)

Array
(
    [tagname] => p
    [text] => 青森 vs 長野
)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>