画像ファイルの移動(Quick Pic 新バージョン編)

画像ファイルの移動はESファイルエクスプローラでもできますがQuick Picの方が写真がおおきいのでやり易いと思います。

まず、Quick Pic を起動して、移動、または、コピーしたい画像ファイルのフォルダに移動します。

image

移動対象のフォルダに移動し、複数ファイルを選択できるよう、右上のアイコンをタッチします。

image

複数選択モードになったので、次は移動対象の画像をタッチして選択していきますす。選択された画像は縁が青くなります。

image

選択が完了したら、右上のアイコンをタッチして、操作メニューを表示させます。
image

メニューから「移動」を選択します。

image

すると、以下のように左上に「移動」と表示された画面になり、ここで移動先のフォルダを選ぶと移動できます。

今回は新規にフォルダを作成して、そこに移動させるために、上部にある「+」のマークのアイコンをタッチします。

image

そうすると、フォルダ選択の画面になります。
先ほどのフォルダ選択の画面には画像ファイルが入ったフォルダしか表示されませんが、この画面では画像ファイルがないフォルダを含めた全てのフォルダを選択可能です。

image

今回はカメラで撮影した画像が保存される「DCIM」を選択します。

image

「DCIM 」をタッチすると、DCIM のフォルダに移動します。

ここに新規にフォルダを作成しす。
下部にあるメニューから「新しい」をタッチします。

image

すると、フォルダ名入力フォームが出てくるので好きなように入力し、「OK」ボタンをタッチします。

image

image

これで、選択した画像ファイルが新しく「DCIM 」配下に作ったフォルダに移動できました!!

スマフォでよく使う文字を辞書登録する!

携帯と同様にスマートフォンでもよく使う文字を辞書に登録して入力をより快適にすることができます。

ということで、辞書に登録する方法を説明します。

(この例はSH-12Cを使って説明してますが他の機種でも基本は同じですので参考にしてください)

まず、本体の設定メニューから、「言語とキーボード」を選びます。

image

「言語とキーボードの設定」のメニュー画面になるので、その中から「iWnn IME – SH edition の設定」を選択します。

image

「iWnn IME – SH edition の設定」の画面になるので、その中から「日本語ユーザ辞書」を選択します。

image

すると、日本語の辞書登録のページになります。

image

ここで、メニューボタンを押してメニューを出して「登録」を選びます。

image

そうすると、登録する文字を入力するフォームがでてくるので、希望の単語を登録します。

image

入力が完了したら、フォーム下にある「登録」を押して完了です。

image

これで「そりまち」と入力すると「反町隆史」が変換候補として表示されます。
image

電話帳から宛先を指定してメールを送る

依然、メールの送り方を説明しましたが、そのときはアドレス直入力だったので、今回は電話帳から宛先を指定してメールを送る方法を。

まず、メールアプリを起動します。

image

メールアプリのメニューから新規作成を選択します。

image

新規作成画面の「to」の右端にある、電話帳のマークをたっちします。

image

すると電話帳が起動するので、希望の宛先を選択します。
このとき複数選択することもできます。

image

宛先の選択が完了したら、画面の左下に「決定」ぼたんが出てると思いますのでそれを押します。

image

すると、作成画面に戻って宛先欄に選択した宛先のアドレスが入ります。

あとは、以前と同様タイトルと本文を入力して送信してください!

スマートフォンの待ち受け画面を変更したい

待ち受け画面を変更するには、まず本体のメニューボタンを押して「壁紙」を選択します。

image

すると、以下のように壁紙を選択するためのアプリ一覧が表示されます。

image

以下については、スマートフォン内、および、挿入されているSDカードに入っている画像を選択することになります。 ・ギャラリー ・コンテンツマネージャー ・Quick Pic 「ライブ壁紙」では動きのある壁紙を設定することができます。

image

自分も使っている「Fire Works 」は幼児に大人気でした。 色々試してみてください。

「壁紙」と「壁紙ギャラリー」はどうやら壁紙専用の画像が入っているだけのようです。

直接お気に入りのページを表示したい!!

ブックマークに登録したページを開くには通常以下のようにステップになるとおもいます。
(☆はユーザが操作するステップ)

☆ブラウザを起動
・ブラウザに初期ページが表示
☆ブックマークを開く
☆希望のページを選択
・ブラウザに希望のページが表示

しかし、ホーム画面に希望のページへのショートカットを置いてしまえばもっと楽になります。
以下のステップで済みます。

☆ホーム画面上のショートカットをタッチ
・ブラウザが起動し希望のページを表示する。

ということで、頻繁に使うページは、ショートカットをホーム画面に置くのもよいと思います。

特定のWeb ページのショートカットを貼る方法は以下です。

1.ブラウザを起動する

2.希望のページを表示する

3.メニューを開く

image

4.「その他」のメニューを開く

「3.メニューを開く」で開いたメニューから「その他」を選択し、以下の画面を表示する。

image

5.「ショートカットを貼る」を選択する

「4.」で開いたその他のメニューから「ショートカットを貼る」を選択する。

すると以下のようなメッセージが、表示され、そのページのショートカットがホーム画面に置かれます。

image

ホーム画面に戻って、ショートカットが貼られているか確認してください。
ホーム画面のどこかにあるはずです。

image

スマートフォンのアプリケーションを削除する

アプリケーションの削除(アンインストール)する方法です。

アプリケーション一覧画面にあるFacebookアプリを削除してみます。

image

対象アプリのアイコンを長押しします。

ぶるっと震えると以下の画面になります。

image

この状態になると、ドラッグでアイコンを移動できるようになりますので、そのまま右したにある「アプリの情報」まで持っていきます。

image

すると、そのアプリの情報ページが表示されます。

image

しばらくすると。
各値が表示されます。

image

このアプリを削除するには、「アンインストール」ボタンをタッチします。

image

すると確認画面がでるので、「OK」を押して、アンインストールを実行します。

image

以下のように、完了しましたとでれば、「アンインストール」完了です。

image

スマートフォンでメールを送る

受信したメールを見たり送ったりするのもアプリになります。今回はdocomoの「spモードメール」アプリです。

まず、以下のアイコンをタッチしてメールアプリを起動します。

image

起動するとメールアプリのメニュー一覧がでてくるので、「新規作成」をタッチします。

image

すると、以下の画面になりますので、宛先とタイトルを記入します。

image

本文の入力は、本文の記入欄を一度タッチすると本文入力用の画面に切り替わるのでそこで行います。

image

ここでは、文字の大きさや色ををかえたりデコレーションしたりできますが、装飾についての説明は次回以降にします。

本文の入力がおわったら、「決定」ボタンを押して本文入力を完了し、もとの画面にもどります。

image

もとの画面にもどったら、左下の「送信」ボタンをタッチしてメール送信を完了します。

image

メール送信状況は以下の図のように、左上に表示されますので確認してください。

image

スマートフォンの電話帳への登録

電話帳に電話番号を登録する方法。

電話帳アプリを、起動します。

image

image

ここで、スマートフォン本体のメニューボタンを押します。すると、以下のメニュー画面になります。

image

こので、「新規登録」をタッチします。

image

保存先を決めます。
自分は基本「本体」を選択してます。

image

名前と電話番号を入力します。

image

保存ボタンをタッチします。

image

確認画面がでるので、「はい」ほタッチします。

image

登録完了です!

image

スマートフォンで電話帳から電話をかける

毎回電話番号を入力するのは手間がかかります。
ということで、電話帳に登録しておけば、そこから洗濯するだけで電話がかけられるようになります。

ということで、電話帳から電話をかける手順です。
電話帳は「電話帳」っていうアプリになります。
携帯から移行して、電話帳も移行した人は既に電話帳にデータが入っていると思います。

以下のアイコンが電話帳です。

image

これをタッチすると以下のような画面になります。

image

この中からかけたい宛先を探してタッチします。

画面を上下にスライドすることで画面に見えていなかった宛先もでてきます。

また、下の図の部分の文字をタッチすることで、その文字の行の宛先が表示されます。ここを、「ま行」や「や行」など、表示されてない行も横にスライドすればでてきます。

image

希望の宛先をたっちすると、以下の画面になります。

image

これだけだと電話はかからないので、受話器のマークをタッチします。

image

これで、ようやく電話がかかります。

image

「発信中」が、「呼び出し中」に変われば相手の電話が鳴っている状態で、「通話中」になったら、相手が電話にでたか、留守番電話になったことになります。